自然観察

時の流れ、淡々着々。
初日の出、雲間から幸運にも見れました。太陽2_3分間現れ後また雲隠れ。
3日深夜の流星群、残高ながら曇り空で見れず。
私の地域には珍しく今回寒波で3回程薄く2_3cm程積もりましたが、昼過ぎにはいずれも消えました。
雪に関しては地域差大きく。
西部地域は雪多く10cm東部地域は少ない傾向。
今回寒波で寒さに弱いジャンボタニシ以外の害虫も今年は減るかと思います。
カマキリの卵嚢、散歩中でも見かけず。探せばどこかあるのでしょうが。この時期イチョウ当然葉落としていますが、風避けられるところのもの黄葉まだ着けたものみます。
興味深いものとしてサクラ、品種名不明ですが新品種かと予想。
ソメイヨシノよりひと月早く開花。
秋口かなり早めに落葉、その後花少ないですが狂い咲き。そして若葉出て12月紅葉今また落葉。この春先見事な開花あるかと予想。
このサイクルこれからも続くか。

自然環境の変化、かって多く見かけた昆虫、鳥、魚見かけないのは私達の影響なのでしょう。中には全く見ないものもあります。生態系循環から既に気付かずとも私達も受け、更に将来は明らかな影響出て来るのか。

コロナ対処モグラ叩きも今は止む終えませんが、生態系循環から根源からの対応策探る様になれるか。

ありがとうございます。

野生動物

雪が何日か降りましたが、昼過ぎには消えました。
この雪のせいか、いつもいないところにタカ、山林多い道路脇に小イノシシ発見。イノシシ見るのは初めて。
いるとは聞いていましたが。かってはイノシシいなかったはず。
猿は移動しながら出ている様です。
私が見たのは開聞岳頂上あたり。多分今も生息?
たぬきはたまに見かけます。近くに何匹かいるはず、夏場夜に独特な鳴き方聞こえるのですが、たぬきか。この時期表には出ない様な。冬眠?
春先、小たぬきが輪禍にあったもの見かけます。たぬきはかっては見ず、個体数としても多いはずです。ウサギ、全く見る機会なく。
昔は見たのですが、山林特に雑木林とか草原がなくなった時期から見かけず。キジも見かけず。同様に蛇見る事もまれ。
今回一番驚いたのは台風後、キツネ見た事。キツネ野生のもの私の地域で見る事これまでになく。多分野生キツネ、私の地域で私が見る事はないでしょう。周りの人で見たという事も聞かず。キツネのおっぽ、大きく広がっているのですね。
いずれも生態系、繋がって相互に存在してバランスとっているのででしょう。
野生動物ではなく、飼い猫散歩途中、人家からかなり離れたところで見る事まれにあります。いずれも同じ場所で再度見かける事ないのが不思議。
かっては野犬とかもいたのですが、もうそういう時代ではなく。

近隣地区、養鶏場点在。この時期鳥インフルエンザ非常警戒。
大規模養鶏場あり、かっての庭先でのニワトリ飼う人も聞かず。
万が一、鳥インフルエンザ感染とかのリスクあると個人での平飼いとかも出来ないのか思います。

ありがとうございます。

亜流本 医者の言い分

野田一成著 
放送記者から医者になってわかったこと。
医学部に学士編入学、卒業、就職の中での気付き学び提言が書かれています。アメリカでは、医学部は全て学士入学との事。高校から直に医学部入学だと社会一般経験が乏しく、庶民的感覚とか不明のまま医者になってしまってもおかしくない。
医者に関わる人々のなかなか知る機会ない事情記載。
医療業界の課題、コロナによって炙り出されて来ているのでしょう。
この機会に過剰業務とならない様な改善への道歩んで欲しいものです。
一般人にも幾ら医療業界、医学部とかが垣間見れます。特に医者になろうという人には有益かもしれません。

 話題は変わりラジオで医者、弁護士、裁判官とかは労働者ではないという話、耳にしました。労働者というのは、誰かに頼まれ、こういう風にしなさいという事をする。上記三者は、仕事内容について支持を受けないというもの。

世の中色々ありますが、全てが繋がり成り立つ事再認識。

ありがとうございます。

亜流 年の瀬 クリスマス

世界中で最大のイベント、クリスマス。本来?キリストの誕生日を祝う日。
日本ではいつ頃からこれ程庶民的になったのか。高度成長期、ケーキ売る為とか。正月前、冬至過ぎでボーナスも出て今年もどうにか年越しという頃というのもタイミング良かったのでしょうか。
子供達にとっても今では正月よりも人気あるのかも。キリストとかよりもサンタクロースが主役。
どこかでキリストとも微笑んでいるでしょう。
年代によってクリスマスへのも思いも変わって、家族共々祝える時から子供が遠く離れひとり立ち、老いた夫婦だけで。その時々の喜び楽しみ思い出が甦る時かもしれません。

多くの人びとが家族とともに祝う日
ありがたく、年の瀬から年越し、正月へ。今年コロナで思わぬ1年でしたが、
来年のクリスマスはもう少し賑わいあるものとなります様!

ありがとうございます。

亜流 土星と木星

昨夜、日没後西の空にほとんどひとつに重なる土星木星見ました。
月が7日月、上弦の月か?明るく他に見える星も数える程。
夜空見る機会も思えば少なくなって夜は蛍光灯の下。

暗いと明るい時に見えた者が見えず、ただ暗くならなければ見えないものが世の中には明るい時に見えるものと同等にあるかとも思えます。

明るい世界だけでなく、昼と夜、暗い夜がこの世界の半分。
その半分をないがしろにしているという理由でもないのですが、ほとんど気にせず気付かずにいるのは私だけでなく、現代の大方かもしれません。

今回のコロナはどこかでこれまでに私達が見過ごし気付かずにいたものを炙り出してくれているのかもしれません。暗い時にむやみに明るさ求めるのではなく、今のあるがままを受入れ見るものがあるのかも。

今までにない世界の変化、これからも私達自身の変化を促すはずです。

痛みとか歯がゆさとか思いがけないものも伴うかもしれませんが、前向きに乗り越えられる様伸びやかに笑いながら新しい世界へと!!

ありがとうございます。

亜流 冬至

土星と水星が最接近の位置で日暮から1時間後見れるとか、うっかり忘れ間に合わず。明日見れるかな。
寒くなって小鳥も以前見ないものが出て来ています。
鳥インフルエンザ、渡鳥から感染。
養鶏農家、用心しつつ。
1年で一番昼間が短い日。これから日が長くなるという事。ただ寒さはまだこれから。年の瀬も迫り、マスコミ報道とかも忙しないという常套報道。
それに感化され気分的に忙しない風。
窓ガラス少しだけ拭いて、やはり掃除後スッキリ。
まだ、朝方も零下とはいかず、それでも堪えます。
野鳥、餌どうするのか。カラスもこの時期どう凌ぐか。沈黙の冬。
コロナでの1年、まだまだコロナ影響これから多く出そう。ただ、それ程影響ない人と大きく影響の人。
どういう風にバランスとれるか。
春までは、どうも動き辛い世相。
コロナ収まると反動で一時的に経済盛んになるかもしれませんが、コロナ自体の燻りは長く続きそうです。
お大事にお過ごしください。

ありがとうございます。

亜流 スズキコージの大魔法画展

12月13日間から2021年2月14日まで
枕崎市文化資料センター なんめい舘

先日、訪ねました。スズキ氏の絵、明るいエネルギー、オーラ溢れるもの。
メキシコを思わせる画風。
展示作品も多数で会場に溢れる程。
子供も楽しめるので家族連れにも最適。なんめい舘からの海の輝き、枕崎市街並みも楽しめます。
空も大きく晴れていれば日向ぼっこしたい。
詳しいはウェブサイト参照。
アーサー ビナード氏トークイベントもあります。

せっかくの機会多くの人に絵の力、暖かさに触れて貰えれば幸い。

ありがとうございます。